縮尺財務諸表で企業分析しよう!



why
why
財務諸表を簡単に分析する方法はないかな?

この記事では初心者でも財務分析ができる、縮尺財務諸表を解説していきます!

今回の記事では以下のことを扱います。

  • 縮尺財務諸表とはなにか簡単に理解する
  • 縮尺財務諸表の勘定項目を簡単にみる

ぜひ縮尺財務諸表をマスターしましょう!

また、今回の記事は以下のものを参考に作成しています。

村上裕太郎(2016)『なぜ、会計嫌いのあいつが会社の数字に強くなった?図だけでわかる財務 3 表』東洋経済新報社

WineyTradeの記事にでてくるコードはLINE@にて配布をしております!
LINEのメッセージ欄に各記事のキーワードをお送りいただければ、ダウンロードリンクを送付いたします!

ソースコードを見逃したくない方は、今のうちにLINE登録をしておいてくださいね!

友だち追加

それでは一緒にまなんでいきましょう!

縮尺財務諸表とはなにか簡単に理解しよう!

まずは、縮尺財務諸表とはどういったものなのか解説していきます。

縮尺財務諸表を理解することで、財務諸表をざっくりとらえ、会社ごとのビジネスモデルが会計にどのように反映されているななんとなく抑えることができます。

ぜひマスターしましょう!

縮尺財務諸表とは

縮尺財務諸表とは

財務諸表をざっくり捉えるために、勘定項目の優先順位の高いものに焦点をあて作成した表。

勘定項目とは

財務諸表の貸借対照表や損益計算書の中に記載されている、会計項目。

縮尺財務諸表は、普段会計に慣れていない方でも、大まかに財務諸表が読めるようになることを目的としてつくられたものです。

有価証券報告書の財務諸表は複雑な印象がありますが、縮尺財務諸表をつかうことでわかりやすくなり、企業のビジネスモデルと財務の結びつきを照らし合わせることができるようになります。

財務を読み解くには、会計だけの知識だけでなく経営学や経済学の視点も大事になっていきますので、慣れていない方は縮尺財務諸表をまずメインで抑えるとよいです。

会計クイズを用いて財務諸表とビジネスモデルを紐づけて理解してみる

ここで例として、簡単に問題を用いて縮尺財務諸表を理解してみましょう!

Q.会計クイズ: 財務諸表①~③は下記の企業のうち、それぞれどれ?

  • ファーストリテイリング
  • しまむら
  • ZOZO

 

 

 

 

クイズに答えるために、ビジネスモデルから逆算して考えてみましょう。

例えば以下の通りです。

  • ファーストリテイリング → SPAモデル(製造小売業), ファブレス, 自動レジ
  • しまむら → 「おたたみ」をしない
  • ZOZO → ECサイト(ZOZO TOWN)の運営

このようにみると、それぞれの企業で、どこの勘定項目に影響を与えるかなんとなく見えてくると思います。

また、①~③の財務諸表ごとで勘定項目の比率の違いがあるので、そこからなんとなく予想をすることもできます。

 

そうした考察をしっかりとたてられるように、次の章では勘定項目に注目し、各社の見分けるポイントなどについてみていきます!

why
why
会計クイズの答えは次の章の終わりにあるよ!!



縮尺財務諸表の勘定項目を簡単におさえよう!

ここでは、先ほどの会計クイズを読みとくための、それぞれの項目について簡単にみていきます。

こちらをおさえることで、どのポイントで企業を見分けるかがわかるだけでなく、

今後、縮尺財務諸表を作成し分析するときに頭を整理することができます!

縮尺財務諸表の項目一覧をみてみる

上の縮尺財務諸表の項目一覧は以下になります。(実際には、これ以外の項目でつくられている場合もあります。)

損益計算書

1. 売上高
2. 売上原価
3. 販管費
4. 営業利益

貸借対照表(借方)
1. 現預金等
2. 売上債権
3. 棚卸資産
4. その他流動資産
5. 有形固定資産
6. 無形固定資産
7. 投資その他

貸借対照表(貸方)
1. 買掛債務
2. 有利子負債
3. その他流動負債
4. その他固定負債
5. 純資産

上記の項目について一つ一つ説明することは割愛しますが、全部で16個の項目ですので、有価証券報告書に記載されている項目数とはかなり簡略化されていることがわかります。

ビジネスモデルや各項目の違いから企業を比較してみる

先ほどのクイズでは、企業間で以下のようなビジネスモデルの違いがあることを説明しました。

  • ファーストリテイリング → SPAモデル(製造小売業), ファブレス
  • しまむら → 「おたたみ」をしない
  • ZOZO → ECサイト(ZOZO TOWN)の運営

このとき、勘定項目では以下の項目に違いがあることが表の①~③よりわかります。

損益計算書
1 売上原価
2 販管費

貸借対照表
1 棚卸資産
2 有形固定資産
3 買掛金

これをもとに、ビジネスモデルと項目を照らし合わせると、以下のような考察が浮かび上がります。

  • ファーストリテイリング
    • SPAモデル(製造小売業) → 売上原価が小さくなるのでは?
    • ファブレス(工場を持たない) → 有価固定資産が小さくなるのでは?
    • 自動レジ → 人件費(販管費)が削減/有形固定資産が増加 しているのでは?

 

  • しまむら
    • 「おたたみ」をしない  → 人件費(販管費)が削減されているのでは?
    • SPAモデルではない → 売上原価が大きくなるのでは?

 

  • ZOZO
    • ECサイト(ZOZO TOWN)の運営 → 実店舗をもたないので有形固定資産が小さいのでは?
    • ECサイト(ZOZO TOWN)の運営 →サーバーで運用しているので、販管費が大きくなるのでは?
    • いわゆる「仕入れ」をしていない→ 売上原価が小さくなる/棚卸資産が小さくなるのでは?

 

上記のように考えていくとクイズに正解することができるはずです。

ちなみに正解は、

  1. しまむら
  2. ZOZO
  3. ファーストリテイリング

みなさんは当たっていたでしょうか?

このように、縮尺財務諸表は、大まかな項目からビジネスモデルと照らし合わせることで、企業の実態について分析することができるようになります!



    まとめ

    今回は、

          • 縮尺財務諸表とはなにか簡単に理解する
          • 縮尺財務諸表の項目を簡単にみる

          といったことをおこなっていきました。

          この記事で、財務諸表がなんとなく読めるようになりましょう!

          WineyTradeの記事にでてくるコードはLINE@にて配布をしております!
          LINEのメッセージ欄に各記事のキーワードをお送りいただければ、ダウンロードリンクを送付いたします!

          コード配布はLINE@にて!

          友だち追加

          コメントを残す

          メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

          CAPTCHA